1789(いちななはちきゅう)プロジェクト・経過報告

◆1789プロジェクトの趣旨
はむねっとは、関係する諸団体の協力を得て、関係省庁に要望書を提出し、2022年11月9日に院内集会を開催しました。この活動を経て、国だけではなく、自治体への働きかけも必要と判断し、「1789プロジェクト」と名付けて、「会計年度任用職員の不安定雇用問題に対する緊急要望書」と、「公務非正規女性全国ネットワーク(はむねっと)2022年調査結果報告」を、1789か所(全国の地方自治体1788の首長・議会議長及び人事委員会もしくは公平委員会と特別区人事委員会)に、関係団体の協力を得て郵送しました。これを一つの契機として全国各地で運動が広がることを期待しています。

◆これまでの反響
2022/12/21~2023/1/23まで92自治体(首長部局10、議会事務局81、公平委員会2、議員/1)
内訳
首長部局10(文書回答5、文書回答はしない2、対応検討中1、受領連絡2)
議会事務局81(文書回答1)
意見書を要望しているので陳情扱いとなる。そうすると代表者印が必要となるため再送してほしい、という問合せなどに対して、再送予算はないので、要望書として扱ってほしいと議会事務局に伝えた反応
(議長供覧43、全議員配布26、各会派配布2、議長・総務常任委員長供覧1、意見書(案)をメール添付すれば3月議会で対応する3、検討中4、再送2=返送されるなどしたため代表者印押印の上、再送したので陳情扱い)
公平委員会2(文書回答1 共同設置なので再送1)
議員1(議会事務局からの一斉メールで知った)